【わろてんか】キャスト・あらすじ・意味を徹底解説!

【スポンサードリンク】

2017年10月2日(月)8時から放送は開始される
朝の連続テレビ小説わろてんか

この記事では
わろてんかに出演する豪華キャストやあらすじ
そしてわろてんかとはどういう意味なのか?

について詳しく調べてみました。

【わろてんか】キャスト

葵 わかな(藤岡 てん役)

京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女で
周りを笑顔にさせることができる明るい女性。

ひょんなことから
旅芸人の藤吉と出会い
「笑って生きる」ことこそが
人生の希望だと確信し
日本中に笑いを広めるべく奮闘します。

松坂 桃李(北村 藤吉役)

老舗米問屋「北村屋」の長男で
旅芸人として一座にいたときに
てんと出会い好きになる。
笑いの才能はないものの
人がよく、ロマンチスト。

濱田 岳(武井 風太役)

「藤岡屋」の使用人で幼い頃から
てんと一緒に育ってきた。

てんのことをずっと好きだったが
てんが藤吉と結婚してしまい傷心。
ただ、それでもてんのために尽くしてくれる
熱くて真っ直ぐな青年。

高橋 一生(伊能 栞役)

青年実業家として神戸で
貿易会社を経営している。

当初はてんと
結婚する予定だったが
てんが藤吉を好きなことを知り
自らは身を引く潔さを持ち合わせた男。

遠藤 憲一(藤岡 儀兵衛役)

「藤岡屋」の当主で、てんの父親。
真面目で厳しい男だが
内心では家族のことを第一に考える
家族思いのいい父親。

鈴木 保奈美(藤岡 しず役)

てんの母親。
料理が得意、美人、頭がいいと三拍子揃った
素晴らしい女性。
てんの明るい性格は母親譲り。

竹下 景子(藤岡 ハツ役)

しずの母親であり、てんの祖母。
とても厳しい人で
儀兵衛からも恐れられている。

千葉 雄大(藤岡 新一役)

てんの兄。とても優しい。
自分自身が病弱なことから
どんな病気にも効くクスリを開発したいという
夢を持つ薬学生。

堀田 真由(藤岡 りん役)

てんの妹。
てんとは違い、真面目でおとなしい性格。

徳永 えり(トキ役)

てんの女中。
いつもてんの相談にのってくれる
てんの姉のような存在。
風太のことを密かに想っている。

鈴木 京香(北村 啄子役)

老舗米問屋「北村屋」の当主であり藤吉の母。
藤吉に店を継いで欲しいと望んでいる。
てんに商売のイロハを叩き込む。

岡本 玲(杉田 楓役)

藤吉の許婚。
商才豊かな女性。

大野 拓朗(キース役)

藤吉と同じ旅芸人一座の一員。
インテリでイケメン。
ゆくゆくはアサリとコンビを組み
しゃべくり漫才を生み出す。

前野 朋哉(アサリ役)

キースと当初仲が悪かったが
のちにコンビを組み
一緒にしゃべくり漫才を生み出すこととなる。

おすすめ前野朋哉と蛭子能収は親子?息子よりも似てると話題に!

広瀬 アリス(秦野 リリコ役)

藤吉のことが好きだったが
てんに奪われたため
いつも2人の邪魔ばかりしている。
てんの恋敵。

藤井 隆(万丈目 吉蔵役)

藤吉とは昔からの知り合いの芸人。
面倒見がいい男だが
芸人としての仕事はない。

枝元 萌(万丈目 歌子役)

吉蔵の妻で飲食店を経営。
いつも吉蔵とケンカばかりしているが
吉蔵のことが大好きで、吉蔵を養っている。

内場 勝則(寺ギン役)

元僧侶で、現在は芸能事務所を経営している
変わった経歴の持ち主。

【スポンサードリンク】

【わろてんか】あらすじ

明治後期、商都・大阪が大いに栄えていた時代――――――。
ヒロイン・藤岡てんは京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女として生まれました。いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸(=ゲラ)の女の子。ところがある日、父から”笑い禁止”を命じられ窮屈な日々を過ごすことに…。

そんな時、笑いをこよなく愛する旅芸人の藤吉と出会い、「笑って生きる」ことこそが自分の人生の希望だと確信します。運命的な恋に落ちたてんは、親の反対を振り切って駆け落ち同然に藤吉と大阪へ向かいます。

じつは藤吉は大阪船場(せんば)の老舗米問屋「北村屋」の長男であり、簡単に二人の結婚が許されるはずもありません。さらに北村屋の危機を救おうとした藤吉が大失敗をして店を傾かせてしまう事態に…。
その時てんは決意します。

「藤吉さんが好きな笑いを、商売にしてみませんか?」

その一言から、素人同然の若夫婦が大阪のみならず日本中の人を笑わせるべく、二人三脚の大冒険を始めます!

【わろてんか】の意味

わろてんかの意味
気になった人は多いのではないでしょうか?

私は関西人なので
すぐに意味がわかったのですが

関西弁じゃない人は
意味がわからないかもと
思いましたので
簡単に解説させていただきます。

わろてんかとは
笑って欲しい。笑ってください。

という意味です。

「人間だけが動物の中で
唯一笑うことができるのにもかかわらず
こんなご時世ですから
ついつい笑うのを忘れてしまいがちです。
もしあなたの周りの人に
笑顔を忘れてしまっている人がいたら
「わろてんか」と声をかけ
生きる力を感じて欲しい」

という想いが込められ
このタイトルになったそうです。

【スポンサードリンク】